デリケートゾーンのかゆみやニオイなどの悩みは人に相談しづらいですよね。

かと言って、

 

「病院に行くのもちょっと気が引けてしまう・・・」

 

という方も多いと思います。

そんな悩みを持っている方にぜひ試していただきたいのが、『コラージュフルフル泡石鹸』です。

自宅で簡単に気になるニオイやかゆみをケアすることができます。

愛用者満足度は驚異の91.3%を誇っており、リピーターが続出している大人気商品です。

 

しかし、デリケートゾーンに使用する商品なので、安全に利用できるのかどうか気になりますよね。

そこで今回は、コラージュフルフル泡石鹸成分は安全なのかどうかや、健康被害・副作用の有無についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

 

危険?コラージュフルフル泡石鹸成分は安全?

まずは、コラージュフルフル泡石鹸に配合されている成分を見ていきましょう。

 

ミコナゾール硝酸塩*、イソプロピルメチルフェノール*、PG、BG、濃グリセリン、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、無水クエン酸、コハク酸一ナトリウム、フェノキシエタノール、水  *印は「有効成分」、無印は「その他の成分」

 

コラージュフルフル泡石鹸に配合されている主成分は

 

『ミコナゾール硝酸塩』

 

と殺菌成分です。

殺菌成分には

 

『トリクロサン』

 

が配合されていました。

トリクロサンは主に薬用石鹸うがい薬食器用洗剤などに配合されている成分です。

 

殺菌効果が高く、ブドウ球菌にも有効だと言われています。

においの元となる菌を殺菌する効果に優れているので、防腐剤や消臭剤としても活躍します。

しかし、米国食品医薬品局の警告により、2016年10月からイソプロピルメチルフェノールに変更されています。(詳しくは後述にて解説しています。)

 

コラージュフルフル泡石鹸は安全なの?

以前は、一般的な薬用石鹸にはトリクロサンが配合されていました。

ところが、2016年9月に

 

「通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、健康に悪影響を及ぼすリスクがある」

 

と米国食品医薬品局(日本の厚生労働省に当たる機関)が警告をしたのです。

販売元である持田ヘルスケアは、翌月にすぐさまトリクロサンの使用を中止し、代替成分として殺菌効果に優れた

 

『イソプロピルメチルフェノール』

 

を採用しました。

現在でもトリクロサンを使用している薬用石鹸が数多くある中で、安全性に配慮したコラージュフルフル泡石鹸は信頼性の高い商品だと言えます。

 

コラージュフルフル泡石鹸は低刺激・無香料・無色素・弱酸性

コラージュフルフル泡石鹸は、人間の皮膚と同じ弱酸性の薬用抗菌石鹸です。

毎日使える石鹸として、”肌への優しさ””しっかりとした洗浄力”にこだわっています。

そのため、低刺激で皮膚の薄いデリケートゾーンにも安心して使用することができます。

赤ちゃんからお年寄り、敏感肌の方まで使用可能です。

 

石鹸成分のすすぎ落ちが早く、さっと洗い流せるところもコラージュフルフル泡石鹸の特徴のひとつです。

デリケートゾーンもすっきりと洗い上げることができます。

適度な洗浄力で汚れを落としてくれるので、さっぱりするのに突っ張りません。

体臭や汗の臭いも予防してくれます。

なお、コラージュフルフル泡石鹸には下記の成分は配合されていません。

 

  • 香料
  • 色素

 

肌に触れる商品を幅広く開発してきた持田ヘルスケア株式会社の製品ですので、安心して使用できます。

 

危険な成分はないが副作用が生じる事も

コラージュフルフル泡石鹸には、下記の副作用が生じる可能性があります。

 

  • 皮膚の刺激感
  • 発疹
  • 発赤

 

万が一このような症状が出た場合には、使用を一旦中止して様子を見てみてください。

それでも副作用が治まらないときは医師に相談しましょう。

コラージュフルフル泡石鹸の使用後は肌が乾燥しますので、しっかりと保湿することが大切です。

 

コラージュフルフル泡石鹸はしみる?

コラージュフルフル泡石鹸は皮膚科学に基づいて作られた商品なので、肌にしみることはほとんどありません。

しかし、いくら安全性の高い商品とは言っても、すべての人の肌に合うわけではありません。

実際にコラージュフルフル泡石鹸を使用した方の口コミを見てみても

 

「調子が良くなってきた」

 

というコメントがある一方で

 

「ヒリヒリして使えなかった」

 

という方もいます。

これは自分の肌で試してみなければ分かりません。

脂漏生皮膚炎などの持病を持っている方は、必ずパッチテストを行ってから使用してください。

 

コラージュフルフル泡石鹸がヒリヒリして合わない場合

「効果があった!」

 

「脂漏性皮膚炎が治ってきた!」

 

という高評価の口コミがある一方で、肌に合わない方もたくさんいます。

口コミを見ていて特に気になったのが

 

「ピリピリと刺激を感じて赤みが出てきた。痒みが増した」

 

というコメントです。

脂漏性皮膚炎を発症してしまった方は、石鹸の刺激に慣れておらず、痛みを感じやすいようです。

また、洗浄力が強いので肌がつっばってしまうという方もいました。

このような場合は、使用を中止して必ず皮膚科医に相してください。

 

副作用?使用中の口コミについて

ちょっとピリッとしたけど2日程度で効果が!

初めてコラージュフルフル泡石鹸をデリケートゾーンに使った時は、少しだけピリッと刺激を感じました。

 

「もしかして肌に合わないのかも・・・。」

 

と不安になりましたが、2日ほど使用を続けたら気にならなくなりました。

 

ピリピリしない。

ポンプ式になっているので、ふわふわの泡が簡単に出てきます。

キュレルのポンプ式の洗顔フォームと比べて、泡がしっかりしているように感じました。

泡を顔にそっとのせて洗ってみましたが、全然ピリピリしなかったので良かったです。

 

副作用もなく、痒みが消えた!

効果を実感したのは、使い始めて最初の生理の時でした。

普段はかゆくなるはずの部分が全く気にならず、逆に違和感があるくらいでした。

 

そして、デリケートゾーン用のかゆみ止めも使わなくなりました。

生理前後と夏だけにしか使わないので、ボトルの中身が減りにくくコスパも抜群です。

良い買い物ができました。

 

生理中に使っても大丈夫?

コラージュフルフル泡石鹸は生理中でも使用できます。

生理中はカンジダ菌が増殖しやすいので、むしろ積極的に使用しましょう。

実際に生理中に使用した人からは、

 

「生理中の血生臭いニオイが気にならなくなった」

 

と喜びの声が寄せられています。

生理中のニオイに悩んでいる方は、ぜひコラージュフルフル泡石鹸を試してみてください。

 

まとめ

コラージュフルフル泡石鹸には副作用や危険性の高い成分は配合されていません。

ただし、肌に優しい成分が配合されている一方で、洗浄力が比較的強いという特徴もあります。

そのため、副作用が起こる可能性もゼロではありません。

心配な方はパッチテストを行ってから使用してくださいね。